読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meblog

このブログ記事は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません

PSPと私

今更PSPタクティクスオウガなどプレイしてみる。

PSPを手に入れたのは最近だから今のタイミングで仕方ないのだ…

 

PSPは最近なんとなく手持ち無沙汰でゲームしたくなる事があり、中古品を手に入れた。

本体は箱なしだったけど、かなり状態のいいやつを手に入れた。6500円くらい。

初期のものは、遊んでいるうちにディスクが飛び出してくるというウワサを聞いたから、避けた。携帯ゲーム機のくせにディスクを読む音がするのが、すごく違和感がある..

 

ところで、これむずいなあ。普通にキャラクターががしがし死んでいく。
スーパーファミコン版とくらべると、死ぬのが3回までゆるされていたり、履歴を辿って前の手番から始められたりして、かなり簡単になってはいると思うんだけど。それでもまだ難しい。

------

どうも電車の中や外食してる間など、公共機関で携帯ゲームをするのは気が引ける。オトナだし。
周りを見てみると、割りと平気でPSPやらDSやら大人も楽しんでいるのがわかる。
よく見る光景ではあるのだけど、自分の中ではまだまだ違和感がある。
もしかしたら、気にしていないのは彼らプレイヤー自身だけなのであって、知らず知らず奇異な目で見られてるのではないか、と思うのだ。
そんな中、PSPを颯爽と持ち出してプレイする勇気がわかないのだ。

 

しかし、既にスマホゲームはかなりの市民権を得てるように思う。
たぶんこの大きな違いは、スマホの場合はゲームに特化したデバイスでなく、ぱっと見ではゲームをしているのか、まとめサイトをみているのか、メールみてるのかわからないからだろう。

-----

あんまり電車乗らないから、関係ないっちゃ関係ないんだけどね。
たまたま出張で電車乗る機会があったってこと